【BINANCE】バイナンスの特徴、登録の仕方と口座開設方法

シェアする

仮想通貨取引所でどこが一番利用されているのかと言われたら、BINANCE(バイナンス)です。

仮想通貨運営側としてもひとまずバイナンスに上場を目指していると言われているほどの世界NO.1の取引所はどんな特徴があるのかを説明していきます。

バイナンスに登録する

バイナンスの特徴

バイナンスが出来たのは実はここ最近の2017年に中国で誕生した比較的新しい取引所です。

それにもかかわらず上場銘柄のアルトコインを100種類以上増やしており、取引量が増えてきて2017年の12月には取引高世界1位になり、世界最大の取引所となりました。

一時期では1日で25万人の登録を記録したこともあります。

手数料が安い

バイナンスがここまで一気に急成長を遂げた理由として取引手数料が安いというのが上げられます。

分かりやすくほかの取引所を含めた表でまとめてみました。

ビットコイン アルトコイン
Zaif(国内) -0.05%~-0.01% 0%~0.3%
bittrex(海外) 0.25% 0.25%
Poloniex(海外) 0.15%~0.25% 0.15%~0.25%
バイナンス(海外) 0.1%(0.05%) 0.1%(0.05)%

またバイナンス内のBNBを使うと手数料が0.05%になるのでさらにお得です。

BNBとは『Binance Coin』の事で、バイナンスから発行された独自通貨のこと

とはいえここ最近ではバイナンスをどこも見習って取引手数料が低かったり、ビットコイン手数料では無料としているところもあります。

国内取引所のZaifではビットコインでの取引をすると取引量によってプラスになります。

また仮想通貨業界の状況によっても変わりますし、キャンペーンなどもあるとかなり変わってくるでしょう。

バイナンスはアルトコインを充実していますからアルトコインの手数料が最安値0.05%で取引できるのは嬉しいですよね。

ハードフォークが充実

バイナンスではビットコインがハードフォークが行われたら全てのフォークコインを取引所に上場させると明言していることもありビットコインの投資家から喜ばれています。

https://twitter.com/binance/status/940219802919907330

翻訳すると【我々は、すべてのフォークをサポート】と公式ツイッターで発表をしています。

ハードフォークについて詳しく知りたい方はこちら↓↓

さらに今後法定通貨であるUSDドルも扱うということでまさに仮想通貨取引所を牽引する取引所です。

※すでにUSD建てで取引は可能となっています。

実はこのバイナンスですが、日本に進出する予定もあり、バイナンス運営側も当初は非常に日本に好意的でした。

しかし、日本の金融庁から警告をうけて日本進出を諦めてしまったのです。

バイナンスの本社は今現在マルタ国に本拠地を構えています。

これを受けてちょっと日本に対して運営側は不満は出ていると思いますが、日本の仮想通貨投資家には非常に好意的です。

日本の仮想通貨の規模は世界でも有数ですので投資家とバイナンスの運営側は友好な関係と言えるでしょう。

今現在はビットコインが基軸通貨となっていますが、今後は有望なアルトコインが時代を制すると言われているのでその場合、有望なアルトコインを扱っているバイナンスは絶対に登録をしておいた方がいいです。

セキュリティが万全

中国の取引所だったということでセキュリティを心配する人も多いですが、バイナンスは世界NO.1の取引所と言われていることでセキュリティもしっかりとしています。

ログインの2段階認証は当然のこと、さらにパズルのピースをはめることでロボットでのアクセス制限を設けていたりしています。

世界各国でハッカーがハッキングをして仮想通貨を不正送金しようとするのが増えています。

そしてバイナンスも2018年3月7日にハッキング攻撃を受けましたが攻撃を防ぎました。

一時ついに世界NO.1の取引所までもがハッキング被害に遭ってしまったのかと騒然となりましたが、バイナンスは防いだのです。

それだけに留まらずに攻撃をしてきたハッカーに対して懸賞金をかけるなどの対策をするなどハッカー対策は万全となっています。

取引所に対する信頼を高めたのもバイナンスです。

使い勝手がいい

バイナンスを利用している人にはデイトレーダーも多いです。

取引手数料が一律であり、かつ安いということが挙げられるのですが、さらに使いやすいというのが利用されている理由でもあります。

初心者でも見やすい『ベーシック』機能とトレーダーから好まれる『アドバンス』と呼ばれる機能をしっかりと分けてくれています。

【ベーシック画面】

【アドバンス画面】

1分足・5分足・15分足など様々な時間帯のチャートを見ることが出来るのはもちろん、インジケーターや様々なツールが使えます。

※上のアドバンス画面は有名なボリンジャーバンドとCCIを組み合わせた画面です。

デイトレーダーとして利用するのであればテクニカル分析は必要不可欠です。

テクニカル分析について知りたい方はこちら

バイナンスの登録方法

仮想通貨で取引をしていこうと思ったらバイナンスは遅かれ早かれ多くの人が使うことになると思います。

今は使う予定が無いという人でも登録だけはしておかないといざ投資をするというときも時間がかかるので早めの登録をオススメです。

今現在は日本語対応をしていないので図を見ながら慌てずに進めて行きましょう。

とはいえバイナンスに登録する前に日本の取引所で登録をしていることと思います。

一度でも日本の取引所で登録をしていたらそこまで迷わないと思います。また登録も非常に簡単です。

まずはバイナンス公式サイトに進みます。

公式サイトはこちら▼

バイナンスに登録する

公式ホームページへと飛ぶと画面右上に「Login or Register」というボタンがあるので「Register」をクリック▼

クリックするとメールアドレスなどの入力画面が表示されます。▼

入力箇所は4つです。

  1. メールアドレス
  2. パスワード
  3. パスワードの再入力
  4. ここの数字はそのまま

チェックボタンを忘れないようにするのと、パスワードは大文字小文字の英字と数字の組み合わせでの登録です。

この登録だけで取引は出来ます。

ログインする際にメールアドレスとパスワードを入力したら下画像が表示されます。

緑色の三本線のところをマウスでつまんで画面に表示されるパズルの穴のところまでドラッグすればログインできます。

バイナンスに登録する

2段階認証の設定

他の取引所と同じように必ず2段階認証を行うようにしましょう。

2段階認証の重要性や用意しておくものを確認したい方はこちら

ログインをして最初のページに進み右下のGoogle検証をクリックします。▼

クリックすると2段階認証のQRコードが表示されるので必ずメモをしてパソコン上やスマホにメモをして残しておきましょう。

バイナンスへの入金

バイナンスの入金方法について紹介します。

必ず一番最初は小額を試しに送金してください。

最初に画面右上の「Funds」のボタンをクリックします。▼

すると②Balancesが表示されるのでクリックします。

すると取引銘柄が出てきます。バイナンスを使う時には日本円が使えませんので最初に国内取引所にJPYを入金してそこからビットコインを購入してからバイナンスにビットコインを送金する必要があります。

③取引銘柄BTCの「Deposit」をクリックしてください。この時注意して欲しいのが必ず対応銘柄にあった「Deposit」を押してください。

他の銘柄の「Deposit」にBTCを送金してしまうと不具合が生じてしまって送金したBTCがなくなってしまいます。

いちど紛失してしまった場合取り戻すことが出来ません。

取引所に何とかして欲しいとお願いをしたり問い合わせをすることも出来ますが、まず無理だと思って下さい。

必ずビットコインをバイナンスに送金するのであればBTCの銘柄の「Deposit」に、アルトコインで有名な「イーサリアム」を送金したいのであれば「ETH」それぞれに送るようにしましょう。

銘柄ごとの「Deposit」に送るようにしてください。

「Deposit」をクリックしたら宛先が表示されます。▼

必ず銘柄の確認をして下さい。

送り先となるアドレスが表示されるのでコピーします。文字で入力するとミスをしてしまいますので必ずコピペしましょう。

預け先のアドレスが分かったので後はザイフやビットフライヤーから送金をすれば反映されます。

混雑している時はかなり時間がかかりますが、大体平均1時間程度で届くので気長に待つようにしましょう。

入金が完了しましたらバイナンス右上にある「Funds」を押したページで一覧で表示されます。

最初は慣れないので緊張したり不安に思うかもしれません。

しかし、手順として国内取引所から海外取引所のバイナンスでBTCを送るだけです。

一度でもやり方さえ覚えてしまえば簡単です。

バイナンスに登録する

バイナンスへの出金方法

バイナンスの出金方法について紹介します。

今度は入金とは逆にバイナンスからザイフやビットフライヤーといった日本の取引所へと送る方法を紹介します。

まずはトップ画面右上の①「Funds」にカーソルを合わせる出てくる②「Balances」をクリックします。▼

③の「Withdrawal」をクリックをすると送金ページに移ります。▼

必ず送る銘柄が正しいかどうかを確認してください。

基本的にはBTCで送金すると思います。送り先となる取引所のアドレスを入力します。

ザイフやビットフライヤーの入出金を押して銘柄BTCをクリックしてアドレスを入手します。

入手したアドレスを上図のアドレスにコピペして貼り付けましょう。

Amoutmのところに送るBTCの金額(量)を入力します。

必ずアドレスは間違いがないか確認すること、そして小額で一度試してみることをオススメします。

確認したら最後に「Submit」を入力すると2段階認証を求められるので入力すれば送金完了です。

小額でもいいのでまずは一度入出金はしておいた方が良いです。

ポイントはアドレスの前後3文字ぐらいは合っているか確認しましょう。

アドレスを間違えてしまったら紛失してしまいます。

まとめ

仮想通貨取引所として世界NO.1の実績と知名度を誇るのがバイナンスです。

海外の取引所だから不安と思われる方も多いですが、日本の取引所よりもセキュリティの高さや使い勝手は良いと言う人は多いです。

これから仮想通貨を投資して行こうと思ったら確実に使っていく取引所になると思いますので登録だけは早めにしておくようにしましょう。

バイナンスに登録する

トップへ戻る