「ブロックチェーン」って何?何がすごい?今さら聞けない基礎知識

シェアする

ブロックチェーンね!知っているよ!仮想通貨のやつでしょ!これからの時代は仮想通貨でしょ!会社でもものすごい注目されていて皆話しているよ!知っているに決まっているんじゃん!!

・・・えっ?説明してみて・・・だと・・・?

えっとぉ~・・・ほら!・・・そのぉ・・・アレだよ!

今までにない技術革新が行われているんだよ!!

とにかく凄いの!!凄い技術なんだよ!!

これじゃあ何の説明にもなりませんよね。

仮想通貨を語る上で絶対に出てくるワード『ブロックチェーン』は基本中の基本であり、何が凄くて何が画期的なのかを知っておかないと行きません。

なんか皆やっているから始める!ではやっぱり投資をする上でもやはり怖いものです。

何も知らないけどブームに乗るのではなくてしっかりと仮想通貨の根幹とも言えるブロックチェーン技術について知っておきましょう。

ブロックチェーンって何?

ブロックチェーンと言うのは台帳です。

ブロックチェーンと言うのは2009年1月3日に誕生したのですが、これまでの全ての取引が記録されています。

え?これだけ? って思うのか、えっ?凄くね?って思うのかは人それぞれですが全ての取引がしっかりと残っています。

名前の由来でもあるブロックとチェーンはそれぞれ意味があります。

 ブロックとは・・・
一定期間内の取引を一まとめにした塊のことを意味しています。
本で言ったら1ページと思ったほうが分かりやすいと思います。

チェーンとは・・・
そのブロックを1つ1つ繋ぎあわせているものを意味します。

大まかに簡単に説明をするというのはこういった意味なんです。

あまりにも大雑把過ぎてよく分からないという人に詳しく説明をするとブロックチェーンと言うのは皆が使える台帳のようなものです。

通常銀行の台帳と言うのは銀行側と預金者側しか使えません。

もし使えてしまったら・・あら?隣の家族はこんなにお金が溜め込んでいるのね!って知られてしまいます。

しかし、ブロックチェーンの場合は完全に匿名性を維持しているだけではなくて台帳の改ざんも出来ないようにされているのです。

また、わざわざ銀行のATMなどに行かなくても世界中インターネットに繋がっていれさえすれば誰でも使えます。

さらに身分証明なども必要なくいつでも始められるというものがあるのです。

ここ最近ではインターネット上の取引だけではなくて実店舗でビットコインが使える店舗もかなり増えてきています。

さらにブロックチェーンは「分散」してユーザー同士が管理しているという特徴もあるのです。

この形式を「P2P(ピアツーピア)方式」といい、別名「分散型取引台帳」とも呼ばれています。

難しく思ってしまうかもしれませんが、ようは金融機関を通さずにユーザー同士がシステムを管理しあおうということなんです。

ブロックチェーンの何が凄いの?

ブロックチェーンは金融機関を通さずに出来るということはなんとなく分かっていただけたかと思いますが、これって何が凄いの?

って思いますよね。

たしかにこれを聞いているだけではここまで騒がれる理由が分からないって思いますよね。

ブロックチェーンによるメリットは当然あるからこそ注目されているのです。

海外送金の低コスト化が実現する

まず実際にブロックチェーン技術の素晴らしい点として、海外への送金コストが大幅に削減できるという点ではないでしょうか?

金融機関を経由することで数百円から数千円の手数料が発生しますし、届くまでに時間がかかります。

例えば海外旅行に行っている子供が現地でお金を落としてしまって無くなってしまったとなってもお金を仕送りたいと思ってもかなり時間がかかります。

電話をくれて今すぐにでも送って欲しいとなっても朝一で銀行に行って送ってもらって届くまでに時間がかかってしまいますが、ブロックチェーンならばすぐにでもお金を送る事が出来るのです。

また送る時の手数料も最小限の手数料で済んでしまいます。

「中央集権化」を防げる

次にブロックチェーンのメリットとして「中央集権化」が防げるという点でしょう。

お金を預ける場所が銀行が一般的ですが、いつ銀行が潰れてしまうかも分からない世の中です。

日本では安定していますが、海外では意外と銀行が潰れてしまったり、セキュリティが甘くてハッキングされてしまったりもするのです。

日本では馴染みが無くても海外ではそこまで銀行に対する信頼と言うのは少ないのです。

またその銀行が潰れてしまったらお金もなくなってしまうわけです。

そういったリスクに備えることも出来るようになります。

ブロックチェーンの今後

ブロックチェーンが今後受け入れられるかどうかがやはりこれから投資をする側としては気になるところではあると思います。

ただ、客観的にみて多くの世界的企業や日本の名だたる企業が参入をしてきています。

2018年はCCチェック事件※NEM流出事件が起こり、未だに3月8日時点で未解決事件だったりと本当に大丈夫なのか?って思ってしまいますよね。

しかし、ブロックチェーン自体が問題があるのではなくて、主に取引所が問題となっています。

ブロックチェーンの技術と取引所は全く違います。

言ってしまえば銀行強盗にあったからお金まで信用がなくなるといっているようなものです。

2018年は激動の年だとは思いますが、間違いなくブロークチェーンの実需の年となるでしょう。

まさに今その転換期に立っていると思って下さい。

トップへ戻る