ローソク足をパターンで分析しよう!価格上昇・下降の合図

シェアする

まず最初にローソク足とは何ぞや??と言う人はこちらを先に読んでください。


ローソク足と言うものが理解できた!なんとなく分かった!と言う人はご覧になってください。ローソク足にも色々なパターンがあるので紹介していきます。

チャートに現れる合図を見逃すな

デイトレーダーやある程度短期でのやり取りで収益を上げていきたいと思ったら必ず知っておかなくてはいけないのがローソク足から出る様々なパターンです。

~ローソク足《陽線》1本編~

名称 足の説明
陽の丸坊主
上下共にヒゲがない柱が長い足。買いの意欲がかなり強い形。
大陽線

上下ヒゲはあるが、柱が長い陽線。買い勢力が強い形。
陽の大引け坊主

上ヒゲがなく、下ヒゲがある状態。買いの勢いはまだまだある。
陽の寄り付き坊主

上ヒゲのみの陽線。買い勢力が強いが、上ヒゲが長すぎると天井になる可能性もある形。
下影陽線

柱よりも下ヒゲが長い形。一旦売りが入っているが買い戻しの長いヒゲのため買いの勢いがある。
上影陽線

実体よりも上ヒゲが長い形。買い勢力が売り勢力に押され気味になり上ヒゲになるので、買い勢力が若干弱め。柱が短い場合はトレンド転換の兆し。
陽のコマ

売り買いの勢力が拮抗している状態。トレンド転換の可能性がある。
陽のカラカサ

下ヒゲが長く、柱がヒゲよりも小さい形。トレンド転換する可能性がある。

~ローソク足《陰線》1本編~

名称 足の説明
陰の丸坊主

ヒゲがなく柱が長い陰線。売り勢力がかなり強い形でここでは購入しないほうが良い。
大陰線

上下にヒゲがあるが柱が長い陰線のため売り勢力がかなり強い形。
陰の寄り付き坊主

上ヒゲがない陰線。柱部分が長いので売りの勢いはまだまだあるが、下ヒゲが長すぎるとトレンド転換の可能性もある。買うタイミングを見図ろう
陰の大引け陰線

下ヒゲがない形。柱部分が長く売り勢力の勢いもまだ強い。
下影陰線

下ヒゲが長く実体がヒゲよりも短い陰線。売りの勢力が少し弱まっている際に出現しやすく、トレンド転換する可能性あり。
陰のコマ

売りと買いの勢力が拮抗している形で陰線の場合は弱持合いと呼ばれている。
上影陰線

上ヒゲが長く柱がヒゲより短い形。一旦買い勢力に押し戻されてから再度ヒゲをつけて戻しているので、売り勢力が強い。ただ、実体が短すぎるとトレンド転換の可能性もある。
陰のカラカサ

下ヒゲが長く上ヒゲがない、且つ実体が短い形トレンドが転換の可能性アリ。

~ローソク足トレンド転換しやすい足~

名称 足の説明
十字線

天井もしくは底ならトレンド転換の可能性あり。
トンボ

天井もしくは底ならトレンド転換の可能性あり。
塔婆(トウバ)

天井もしくは底ならトレンド転換の可能性あり。
一本線

継続トレンド転換の可能性があり。

まとめ

ローソク足と言っても色々なパターンがあって覚えきれないという人もいるでしょう。

まず最初に形と意味を覚えてください。

その次に名前の名称を覚えましょう。

どうしても最初に名称から覚えてしまいますが、名称を覚えてもトレードに関してはあまり意味を成しません。

かっこつけたい時などに、「フムフム・・・陰のカラカサからの十字線かぁ~これなら陽線にトレンド転換だな!」ってキャバクラのお姉さんの前で呟きましょう。

それぐらいしか使い道がありません!とはいいませんが、まずは形と意味から覚えましょう。

勘違いしないで欲しいのがこのパターン通りに必ず相場が動くという訳ではないということ。

全体のトレンドの流れを知ることは出来ても100%動くということはありません。よく投資は生き物と呼ばれるぐらいに様々な動きをしますから、妄信しないように気をつけましょう。

トップへ戻る