仮想通貨ドージコインの特徴と価格と将来性について

シェアする

アルトコインの中には1枚1円にも満たないで時価総額もかなり低くて将来性があるのかどうか全然分からない仮想通貨も存在しています。

その多くは実用性がなかったり、将来性がなかったり、ただのネタコインとして扱われることも多いです。

しかし、その中にはあくまでも世間に知られていないだけで将来性抜群の仮想通貨のコインも存在しているのです。

そんな草コインの中でも一際取引量が多いのがドージコイン(dogecoin)であり、必ず草コインを購入しようと思ったらドージコイン(dogecoin)が必要となります。

どんな通貨なのかをしっかりと説明していきたいと思います。

ドージコイン(dogecoin)の基本情報

独自通貨 DOGE
公式ホームページ http://dogecoin.com/
コンセンサスアルゴリズム PoW
発行上限 上限なし

ドージコイン(dogecoin)の特徴

草コインの中でもかなり有名になっているのがドージコインです。

しかし、最初ドージコインはネタコインでした。柴犬の画像は当時面白画像から流行した通貨で「かぼすちゃん」という日本の柴犬がモデルになっていることでも知られています。

DogeはDogのスラングですあり、日本であれば「わたし」というのを「わだす」といった言い回しのようなものがDogecoinのはじまりです。

ネタコインとして愛されコインだったのですが、そもそも寄付目的で利用できるような仮想通貨を目指していました。

ネタコインとはビットコインとほとんど同じ機能を持っているためしっかりとした仮想通貨であることは間違いありません。

ネタコインは何でも上がっていた2017/12月~2018/1月の最初だったら需要はあったけどこれから先再び需要は出てくるの?って思ってしまいますよね。

ドージコインは他の草コインとは違いしっかりとした役割があります。

それがビットコインと草コインを結びつけるブリッジ通貨と言う役割です。

ビットコインで草コインを購入しようと思ったら価格差がありすぎてしまいます。

草コインと言うのは1年にも満たない0.0001円とかの仮想通貨もあります。

そのためビットコインで購入しようと思ったら本来よりも高値で購入してしまったり、逆に安く売ってしまうことにもなります。

それでは取引がなりたたないということで、ドージコインがその橋渡しとなっているのです。

そのため草コインを購入しようと思ったら一度ビットコインでドージコインを購入してから草コインを購入することになります。

一攫千金を夢見て草コインを購入するのであれば海外のCoinExchange(コインエクスチェンジ)が非常に有名です。

日本にもQUOINEX(コインエクスチェンジ)がありますが、別の取引所ですので呼び方は同じですが混同しないようにしましょう。

ドージコイン(dogecoin)の価格

ドージコインは2018/1/8の際に最高値で2円となりました。

そこから徐々に低下をしていき、2018/4/28の時点で約0.5円ぐらいです。

軒並み2018年1月以降は軒並み仮想通貨全体が下落しており、4月の終りから徐々に上昇傾向になっています。

ドージコイン(dogecoin)の将来性

今後は仮想通貨全体が再び上がってくる可能性がありますが、その際にドージコインも同じように価格が上昇していくのか?と言ったら上昇傾向の場合は確実に上がってくること予想出来ます。

というのは仮想通貨全体が上昇傾向になったら再びアルトコインの中でも草コインが注目され始めてきます。

仮想通貨は基軸通貨のビットコインがまず安定した上昇傾向になった時にアルトコインにも注目していきます。

その際にブリッジ通貨の役目でもあるドージコインは多くの人が買い求めるため自然とドージコインの価格は上昇していくことになります。

とはいえ草コインはそもそも一攫千金を夢見て購入する人が多い分ブリッジ通過としての価格の上昇度はそこまで高くはならないでしょう。

小額投資ならば購入することをオススメします。

ドージコイン(dogecoin)のまとめ

何かと応援をしたくなるという一定のファンも多いドージコインでは日本の取引所では取り扱っていません。

ドージコインを購入しようと思ったら最初に取り扱っている海外の取引所を登録する必要があります。

ドージコインだけではなくて多種多様な草コインを取り扱っている取引所として有名なCoinExchangeを利用してみましょう。

CoinExchangeに登録する

トップへ戻る