今さら聞けない仮想通貨でよく聞くハードフォークって何?

シェアする

仮想通貨の投資を始めようと思ったらたまに「ハードフォーク」って単語が出てくるけれどこれって何?

ハードがフォークする??

寝耳にウォーターだぜ!

って言う人もいるでしょう。まぁ硬いフォークって思っている人はいないでしょうが。

そしてハードフォークをするってなったら仮想通貨界隈が大いに盛り上がりますし、価値も高まる傾向にあります。

そう思うとなんとなくいいことなのかもしれません。

ただ、なんとなくいいことなのかもしれないで覚えておくよりもしっかりと理解したほうがスッキリしますから覚えておきましょう。

ハードフォークってなに?

ハードフォークとは、なんとなく「分裂する」って意味合いで捉えていると思いますが、詳しく説明すると仮想通貨のルールを変える際に今までのルールを無視して新しいルールを適用することを指し、これまでの旧ルールの互換性がなくなることです。

仮想通貨と言うのはブロックチェーンで成り立っています。

ブロックチェーンがいまいちよく分からないという人はこちらをご覧下さい。

仮想通貨の仕様を変更するには方法は2つ。

①全ての仕様を変更し以前の仕様も使えるままにする方法

②新仕様を採用しそれまでの旧仕様は無視をする方法

①がソフトフォークと呼ばれるもので、②がハードフォークなんです。

イメージはこんな感じです。▼

ハードフォークと言うのは完全に仕様がかわるため旧仕様と互換性がなくなります。

感覚で言うとソフトボールと野球ってルールとかは似ている部分はありますが、全く違いますよね?感覚だけで言うとそういったニュアンスです。

ソフトフォークと言うのは野球のルールを変えるイメージで捉えておきましょう。

仮想通貨の場合はハードフォークが行われた場合、事実上「旧仕様」と「新仕様」どちらの仮想通貨も存在します。(後に消滅するかどうかは別としてです。)

何でハードフォークをする必要があるの?

仮想通貨の基軸通貨となっているビットコインではこれまでに数々のハードフォークが行われています。

  • ビットコインキャッシュ
  • ビットコインゴールド
  • ビットコインダイヤモンド
  • ビットコインプラチナム

ビットコインだけではなくてイーサリアムがハードフォークしてイーサリアムクラシックが誕生しました。

今後も他の仮想通貨がハードフォークを行われるかもしれません。

ハードフォークの意味は分かったけれどそもそも何でハードフォークする必要があるの?ってことですがハードフォークをするのは通貨の利用環境を良くするための現状問題解決や機能向上といった技術改善のためにハードフォークはあります。

仮想通貨の先駆けであり絶対王者とも言えるビットコインやその後を追随するイーサリアムなどはスケーラビリティが問題視されてきました。

スケーラビリティとは、ユーザー数と取引量が増え、取引情報の証明が追いつかなくなり、そのために取引が遅延したり、手数料が高騰する等の問題です。

また運営同士で今後どういった形で仮想通貨を成長させていくかで話がこじれてしまい、だったら分ければいいのではないか?ということでハードフォークもされていくケースもあります。

大事な点としてハードフォークですが、投資家にとってもハードフォークされるメリットはかなりあります。

例えばビットコインのハードフォークされたコイン(フォークコイン)に関してですが、これに関してはビットコイン保有数に応じてフォークコインが無料付与されます。

1BTC所有していた場合、新しいフォークコインの1BTGが貰える仕組みです。フォークコインであるBTGがBTCと同様の価値を生むかは分かりませんが、少なくともフォークコインの価値が上がれば上がるほど資産が増えるためメリットはあります。

運営は無料付与することで広く認知されるというメリットが生まれるのでウィンウィンの関係を築くことが出来るのです。

またハードフォークをするのはそれなりに知名度があり、今後も期待されるものですから当然ハードフォークされた通貨にも期待が高まるわけです。

昔の考えとしては“禁じ手”とか“裏技”みたいな扱いだったハードフォークですが、今ではもう「どんどんやっていこう」という流れに変わりつつあります。

もちろん当然増えすぎてしまうことはよろしくはないと思いますが今現状では好材料として捉えられているようです。

ただし噂では「ビットコイン」は今後50回以上もハードフォークをするのではないか?とも言われています。

あくまでも噂レベルですし、規制が入るので50回もの回数はないと思います。

とはいえ仮想通貨の王がビットコインであり続ける限り、ビットコインを所有しておいてハードフォークされた時に無料付与されるわけですから所有しておいた方がいいと言えるわけです。

フォークコインの貰い方

基本的にハードフォークは2018年以降も行われることは間違いありません。

そしてハードフォークされる仮想通貨で一番多いのがビットコインであることもたぶん間違いないでしょう。

せっかくビットコインを保有しているのであればきっちりと貰っておきたいと思いますから貰い方を把握しておきましょう。

フォークコインを貰えるためには実は取引所ごとに変わります。取引所にビットコインを預けておけば自動で配布される予定なんです。

そして仮想通貨取引所でハードフォークされたコインをしっかりと上場させているのがBinanceHitBTCです。

特に世界NO.1の実績を誇っているBinanceは今後も『全てのフォークコインを付与する』と公式で発言しています。

もはや世界中でとりあえずBinanceにビットコインを預けておけば間違いないと言えるでしょう。

Binanceの登録はこちら

まとめ

ハードフォークをするのは今のままでは問題が解決しないことを解決するよりよい通貨とするための改善だと思っていいです。

そして投資する側としては新しくハードフォークされた通貨を無料で保有数に応じて1対1の割合で受け取れるので資産が増えると考えていいでしょう。

そして貰い方はハードフォークを扱う取引所に預けておくだけで自動的に受け取ることが出来ます。

貰えるものは貰っておきましょう。

トップへ戻る