仮想通貨でよく聞くマイニングって今からでも稼げる?それとも損する?

シェアする

マイニングって何?

マイニングって何?英語でminingを知らべて見ると「採掘」ってでるよ?採掘?お金なのに発掘するの?意味が分からないって言う人もいますよね。

仮想通貨の代表通貨であり、基軸通貨となっているビットコインをやはりマイニングする人が多いのでビットコインを例に出していきますが、ビットコインはブロックチェーンという技術が使われており、これまでの全ての取引を記録しており、それをチェーンで繋ぎ合わせているのです。

ブロックチェーンについては「ブロックチェーン」って何?何がすごい?今さら聞けない基礎知識をご覧下さい。

ブロックに新しい記録を付け加える時にきちんとつじつまが合っているかどうか、不正が無いかどうかをチェックをしているのですが、これにはものすごい量の計算をする必要があります。

人間がやったらもう絶対に出来ない領域です。

そこでビットコインではその計算を世界中のコンピューターに分散させているのです。

『メモリが欲しいか・・・。ならばくれてやろう・・・!!』という感じで自分のパソコンを差し出して計算を手伝ってあげるのです。

そして見事に一番最初に計算を成功させた人は報酬としてビットコインが貰えるようになるのです。

簡単に言えばレンタル料として支払われると思っていいのではないでしょうか?

マイニングの由来としてはこの計算は一等賞にしかもらえません。つまり鉱山にみんなで入って一番早くにお金を会得するのと同じようなものだからこそマイニングと言う言葉が出来たのです。

出遅れた?今からはもう稼げない?

ようはやり方はともかくパソコンで計算方法を手助けしたらお金が貰えるんでしょ!?

基本的には作業も何もなくてただパソコンを起動させて置くだけでお金が貰えるんだったら絶対にやりたい!!って思うかもしれません。

しかし、仮想通貨の代表的な通貨でもあるビットコインに関してはもはや個人では太刀打ちできないレベルです。

世界のトップマイナー(マイニングをしている人たちをマイナーと呼ぶ)の人たちはものすごいレベルでマイニングをしています。

マイニング工場内、BitClub創業者の1人はこのレベルでマイニングを行っています。

え?何これ??って思いませんか?

ビットコインは有名になりすぎてしまって多くのマイナーがとんでもないレベルでマイニングをしているので1人では太刀打ちできません。

稼げても数円程度で、パソコンの電気代のほうが多くかかってしまってマイナスになってしまう人が多いので、まず1人では稼げないと思っていいでしょう。

しかし、今からでも遅くないやり方もあります。

アルトコインで稼ごう

アルトコインと言うのはビットコイン以外の仮想通貨のことをアルトコインと呼びみます。

今も毎日と言ってもいいほどどんどん新しいアルトコインが誕生しています。

アルトコインとして有名なライトコインやMoneroなどは名前を聞いたことがある人もいるでしょう。

そういったアルトコインもビットコインと同じようにマイニングをする事が出来ます。

とはいえ、ここまで有名になっているアルトコインはもう中々稼げなくなってきているのも現状です。

色々なコインを調べていった上で将来上がるであろうコインをマイニングしていきましょう。

クラウド・マイニング

なんだかいちいちコインとかを調べて色々と設置をするのもあまりパソコンに詳しくないという人は難しく感じるかもしれません。

ですのでもう一つ確実なのがクラウドマイニングと呼ばれるものです。

自分でマイニングをするのではなくてマイニングの専門業者に投資をして、その配当をもらうというやり方です。

少額からでも始められるので近ごろ人気となっています。

ただ、このクラウドマイニングですが、資金だけ集めて逃げるところも多いです。

資金だけを集めてその後逃げてしまったり、開発がうまくいかなくて途中で頓挫してしまうということもあります。

もちろん投資した分が返金されるということもありません。

まとめ

マイニングをしたいと考えているのであればまだマイナーだけど将来性がありマイニングを採用しているコインを選んでマイニングをするというのが一番です。

しかし、有望なコインを見つけてそこでマイニングのやり方を勉強をするというのは中々難しいです。

昔はビットコインだけだったのが今は数千種類もあると言われているので中々難しいのではないでしょうか?

ただし、放置をしているだけでお金が増えていくと考えれば爆発力はないですが、確実に増えていくという意味ではちょっと金利のいい銀行に預けている感覚で考えておけばいいでしょう。

トップへ戻る