イーサリアムウォレットの定番MyEtherWalletの登録方法や使い方

シェアする

イーサリアムウォレットの定番と言われている「MyEtherWallet(マイイーサウォレット)」について説明していきます。

 イーサリアムウォレットって何?

今さら聞けないそもそもの話、「イーサリアムウォレット」って何?って言う人。安心してください!意外と多いですよ!

イーサリアムウォレットと言うのは本来、仮想通貨を保存しておく場所としては取引所が多いと思いますが、その取引所が破綻してしまったら自分の資産がごっそりとなくなってしまうわけです。

自分のお金は自分で守るしかないのでウォレット(財布)を保存しておくことが大切です。

イーサリアムとイーサリアムのプラットホーム上で発行されたトークンを保存しておくのがイーサリアムウォレットであり、色々なものがありますが、その中でも定番で使いやすく日本語対応をしているのがMyEtherWalletです。

 MyEtherWalletの作成方法

なんだか難しそうと思う人も多いですが、日本語対応していますしとても簡単ですし、仮想通貨に購入したりエアドロップに参加しようと思ったら必須なので早めに登録しておくことをオススメします。

まずはMyEtherWallet公式サイトへとアクセスします。

https://www.myetherwallet.com/

まず言語を日本語に変えましょう。

次に強固なパスワードを入力して「お財布の作成」をクリックします。

できるだけ長く英語、数字、記号をランダムに組み合わせたほうが安全です。

パスワードの作成方法が分からないというのであればこちらのパスワード生成ツールを活用しましょう。こちらを>>クリック

作成したパスワードは携帯とパソコン2つに保存をしておきバックアップに備えましょう。

次に上の画面が表示されるので、赤枠の「ダウンロードKeystoreファイル」をクリックしてダウンロードをします。

これがあればウォレットを復元することが出来るので必ずダウンロードをしておきましょう。

その後に「理解できました。続けます。」をクリックしてください。

自分の秘密鍵を保存すると表示されます。

この秘密鍵ですが、決して誰にも教えないで下さい。

これは金庫の暗証番号のようなもので、秘密鍵を教えてしまったら誰でも簡単にアクセス出来てしまいます。

フィッシングサイトや詐欺サイトでは秘密鍵を入力するように要求してきますが、教えてはいけない

秘密鍵は誰にも教えない!と頭に入れておきましょう。

また秘密鍵はなくしてしまったり分からなくなってしまった時点でもう取り返しがつきません。

とか何とか言いながら何とかなるでしょ!って思うかもしれませんが、本当にどうしようもありません。

フリではなく本当にどうにもなりませんので気をつけましょう。

赤枠のお財布情報の印刷と書かれていますのでしっかりと紙媒体でも保管をしておきましょう。

これでMyEtherWalletの作成は完了です。

 MyEtherWalletの使い方

基本的な使い方を説明していきます。

MyEtherWalletのトップ画面の右上に赤枠で囲まれた「お財布情報を見る」をクリックします。

お財布情報を見るに画面が切り替わり「どの方法でお財布を操作しますか?」と表示されるので秘密鍵をクリックします。

すると秘密鍵をペースト/タイプが表示されて警告が表示されます。

内容を翻訳すると「当サイトが侵害された場合は盗難されてしまう可能性が生じるためあまりこの方法オススメではないよ」ということですが、基本的に問題はありません。

ただし、大量の資産を預けるということは控えるようにしましょう。大量の資産を保有する場合はコールドウォレットに保存をしておきましょう。コールドウォレットについて詳しく知りたい方はこちらをクリック


アカウント残高にイーサリアムの残高と自分のアドレスなどが表示されます。

また右下の赤枠にトークン残高と表示されているところをクリックすると今現在保有しているトークンを確認することが出来ます。

ただ、常に新しい仮想通貨が出来るので全てが表示されているわけではありません。特にエアドロップなどで取得したものはほとんど表示されないと思っていいでしょう。

その場合は自らここに表示させるようにしないといけませんのでその場合はShow All Tokensの下にある「カスタムトークンを追加」をクリックします。

①アドレスの入力

②トークンシンボルというのはビットコインならBTC、イーサリアムならETHといった仮想通貨の単位のようなもの

③ケタ数

3つの項目を埋めていくわけですが、こちらのサイトを活用していきます。→サイトへ進む

右枠の追加したい検索窓に追加したいコインを入力します。ここではNANJコインを追加します。

検索窓に「NANJ」と入力すると下の画面へと変わります。

そこで赤枠で囲まれた「ERC20 Contract」と表示された英数字のアドレスをコピーしてカスタムトークンの①に戻りトークン契約アドレスに追加します。

※アドレスをコピーとするうまくコピーできませんのでマウスでドラッグしてコピーしましょう。

②はコインの通貨ですのでNANJと入力すればいいです。

③のゲタ数も「Token Decimals」に表示されている数字を記入すれば問題ありません。

全て入力し終わったら保存するをクリックすれば表示されます。

最初は面倒と思うかもしれませんが一度やり方を覚えてしまえば簡単です。

 ETH/トークンを送る

MyEtherWalletから他へ移動させる方法を説明します。

最初にEther/トークンの送出をクリックすると最初のログインと同様に秘密鍵の入力が求められます。

送金するアドレスとどの通貨か選んで数量を入力して後はトランザクションを生成を押すとトランザクションの送出が表示されるのでクリックすると送金が完了します。

ガスリミットとは・・送金処理をしてもらう為に支払う手付金のようなものでガス価格を上げれば早く処理されますが、基本はデフォルトで大丈夫です。

マイイーサウォレットから送金できない

マイイーサウォレットから取引所で取引をしたい時やICOに参加したいからマイイーサウォレットから他に送金をしたいと思ってもなぜか送金できないということが起こるかもしれません。

その時はETH(イーサリアム)がウォレットにあるかどうかを確認してください。

最低でも0.001ETHできれば0.002ETH以上は保有しているかどうかです。

というのはマイイーサウォレットのみならずイーサリアムウォレットでは送金をする時にGASと呼ばれる手数料(燃料)が必要です。

このGASを多く払うかどうかで処理が早くなったりしますが、手数料がないと送信できませんし、この手数料が少ないと後回しにされてしまうのです。

あれ?手順は合っているのになぜか送れないという人はETH(イーサリアム)が入っているかどうかを確認しておきましょう。

まとめ

イーサウォレットは仮想通貨を購入したりエアドロップに参加した際に必ず必要になります。

その中でMyEtherWalletは使いやすく分かりやすく多くの人が利用しています。

最初は分からない単語などがあったり、インターネットに慣れていない人からしてみれば???が浮かぶことが多いと思います。

ですが、慌てず冷静に1つ1つ登録などを進めていきましょう。

一度覚えてしまえば簡単です。

トップへ戻る