【QUOINEX】コインエクスチェンジの特徴、登録の仕方と口座開設方法

シェアする

QUOINEX(コインエクスチェンジ)について紹介します。

コインエクスチェンジと表記すると海外の取引所で有名なCoinExchange(コインエクスチェンジ)と被ってしまうのでここでは「QUOINEX」で説明していきます。

QUOINEXは利用するメリットは沢山あると思います。

今すぐQUOINEXを利用したい方はこちら↓↓
QUOINEXに登録する

QUOINEXの特徴

QUOINEXはここ最近日本でも知名度が上がってきた取引所ですが、実はもともとは2014年に海外の取引所(シンガポール)で設立された会社でした。

それを2016年3月に日本へ正式に本社に構えたことによって日本でも多くの知名度となりました。日本だけではなく支社にシンガポール、ベトナムを拠点にするアジア最大級の仮想通貨取引所であり、日本で最初の金融庁の認可を得た取引所でもあります。

やはり仮想通貨業界において日本人の利用者が非常に多いと言うこともあって注目されているのです。

QUOINEX株式会社は日本ではまだ中堅どころのイメージがあると思いますが、実は米国のフィンテック系メディア「InsiderFinancial」にて、“最も影響力のある5つの金融ブロックチェーン企業”に選出されたこともある信頼の出来る安全な会社だということが分かります。

QUOINEXでは入金、送金、BTC取引手数料が無料ということもあり、ユーザーからの評価も好評な点が多いです。

法定通貨の取り扱いが豊富

アジア最大級の仮想通貨取引所ということもあり、対応通貨ペアが豊富です。 勘違いをしてしまう人が多いですがアルトコインが多いのではなくて法定通貨の数が多いです。

法定通貨の種類が豊富ならば流動性が高くなるというQUOINEXの標榜であり、これから先の仮想通貨業界においてはかなりプラスになる取り組みと言えるでしょう。

JPY=日本円、USD=米ドル、SGD=シンガポールドル、CNY=人民元、EUR=ユーロ、AUD=豪ドル、HKD=香港ドル、IDR=インドネシアルピア、PHP=フィリピンペソ、INR=インドルピーの10種類が扱われていて、もしかしたら今後も増えていくかもしれません。

また日本で唯一QASHトークンの取引をする事が出来るのもQUOINEXだけと言う点も考慮すべきですね。

コールドウォレットでの保管

コインチェックのNEM流出事件をきっかけに日本国内のみならず世界中でセキュリティに関する意識がとても高まっています。

ある意味ではこの事件をキッカケで安全性がより高まったと言えるのではないでしょうか?

QUOINEXは資産は常にコールドウォレットで保管している、とすでに発表しています。さらに複数の秘密鍵を使う※マルチシグも導入しており、セキュリティは強固です。

※マルチシグとは=暗号鍵を分割する技術であり、複雑化することでセキュリティをより高めるものです。

レバレッジ取引が国内最大級の25倍

QUOINEXでは国内最大級の25倍でのレバレッジで取引する事が可能です。

さらにBTC・ETH・QASHと対応をしている通貨がBTCだけではないというのも魅力的と言えるでしょう。

使いづらいという意見もある

安全面とBTC/JPYの取引手数料が無料と言うことで初めて利用する人にとってはありがたいことだと思いますが、

一方でQUOINEXが公式に出しているアプリが使いづらいという意見が多いのもあります。

国内仮想通貨取引所で有名なコインチェックのアプリは使いやすいと言う意見が非常に多いのでQUOINEXのアプリが今後使いやすくなることに期待したいですね。

また送金・入出金の時間もかかるのが難点でロングで基本的にそこまで取引をしないと言う人に関しては問題ではないかもしれませんが、トレーダーとして活用したいと言う人には使い勝手が悪いという意見もあります。

結論としてQUOINEXは仮想通貨業界の不安材料と言う点の1つとして取引所としての安全面が上げられますが、QUOINEXでは安全面をとにかく重点を置いているという点があり、使い勝手や送金・出金などに関してはこれから改善をしていくということでしょう。

とはいえ自分の資産が確保されるということに関してはありがたいと言えるのではないでしょうか?

QUOINEXの登録方法

QUOINEXの登録方法は非常に簡単です。

  1. 口座情報の入力
  2. 本人確認書類の提出
  3. 2段階認証の設定

3ステップだけです。

2段階認証の設定方法が分からないという人のためにこちらで詳しく説明しています。

口座開設自体も無料で利用できますので安心して利用できます。

まずはQUOINEXの公式ホームページへと進みます。

QUOINEXに登録する
▼公式ホームページに進んだらトップ画面の『口座開設無料はこちら』をクリックしてください。

▼新規登録画面が表示されると思います。

居住地国では最初から日本の設定になっているのでそのまま『次へ』をクリックします。

▼メールアドレス、パスワード(8文字以上、大文字、小文字、数字すべてを含む)を入力します。忘れないように必ずメモをして保存をしておきましょう。

赤枠で囲まれたところも該当がないのであれば普通にチェックボックスに入れてください。

▼個人情報の欄です。

名前や住所の入力になりますので1つ1つ入力します。性別のチェックボックス。

赤枠で囲まれた該当しないのであればチェックして下さい。

▼連絡先とご職業の欄になります。

▼財務情報・投資経験の欄になります。

赤枠で囲まれた投資目的にもチェックを入れてください。

投資経験も経験があれば該当する年数を無ければ1年未満にチェックを入れましょう。記入漏れチェック漏れがないか確認を押したら「次へ」を押します。

先ほど入力した内容の確認画面が表示されますので今一度確認してください。

また氏名・住所・制限月日は本人確認書面と同じであることを確認してください。

▼最後にしっかりと同意しますのチェックボタンを押して「次へ」をクリックします。

これで仮登録が完了です。

色々と項目があるように思えるかもしれませんが、実際にやってみると登録までに5分もかからないで簡単です。

登録したメールアドレスに本登録の案内が届きますのでリンクをクリックすると本登録が完了になるので忘れないようにしましょう。

本人確認書類の提出

続いて本人確認書類の提出も行います。

基本的には運転免許証やパスポートで登録となりますが、マイナンバーカードでも登録することが可能です。

運転免許証で行う人が多いと思いますので運転免許証の表と裏の両面をスマホで保存しておいてパソコンに送っておくかスマホでの本人確認書類の提出を行いましょう。

まずはトップ画面に行きます。

登録したメールアドレスとパスワードを入力します。

▼チャートなどが見れる画面に変わると思います。

画面左上の三本線のアイコンをクリックします。

▼メニューが表示されるのでホームを押すと画面が切り替わります。

②のプロフィール&口座開設状況をクリックし、③④の本人確認書類の表と裏を両方アップロードして最後に「全ての必要書類を提出済みです。」にチェックを入れます。

⑤の本人確認書類をアップロードするを押すと完了です。

▼提出が完了するとステータスが「書類審査中」と表示されます。

書類審査が完了と表示されたら後日QUOINEXからハガキが届きます。

申し込みのときの件数が多ければハガキの送付が遅れたりもしますが、今のところは大体3日から遅くても7日ほどで届くと思います。

万が一1週間以上経過してもハガキが来ない場合はQUOINEXに問い合わせてみましょう。

まとめ

安全面に非常に力を入れているのがQUOINEXであり、取引所に資産を預けても大丈夫なのか?って思っている人はQUOINEXがオススメです。

とりあえずビットコインを保有してロングとして保持しておきたい人向けと言えますが、トレーダーとして行うのであればビットフライヤーなどを利用したほうがいいかもしれません。

取引所には一長一短ありますので自分で判断しましょう。

QUOINEXの公式ホームページへはこちら↓↓

QUOINEXに登録する

トップへ戻る