仮想通貨の購入方法ロングとショートそれぞれのやり方

シェアする

仮想通貨投資を初めた人は最初にまずはビットコインを買ってみると思います。

そこから徐々に仮想通貨についてもっと色々と知りたいと思ったときにツイッターや取引所に設置されているチャットなどで交流が行われているのを見たことがあると思います。

取引所のチャットはかなり荒れていたり、ぶっとんだ嘘の情報が流れていたりすることもあるので見ていると本当に楽しいですが、半分以上は偽の情報が流れていると思ってみておかないと痛い目を見てしまいます。

正し、そんなチャットを見ると「今日はショートで稼いだ~」とか「俺はロングとショートの二刀流」みたいな会話が流れてきたりしますよね。

意味がわかっている人からしてみればなんてことのない会話かも知れませんが、ロングとショートって何?髪の毛?って思っている人は多いですよね。

髪型は関係ありませんが個人的にはショートがタイプ♪です。

株や為替を含めて仮想通貨においてもデイトレーダーとして頑張っていこうと思ったら必須ですのでロングとショートについて解説していきます。

めざせ!美容師・・じゃなかったデイトレーダー!!

ロングって何?

ロング正確には(ロングポジション)というもので、

上の図を例のように安い時に買って高い時に売るというのがロングと言われるものです。

シンプルで分かりやすく利益を出すための方法として安く買って高く売るのが基本中の基本ですから覚えやすいと思います。

特に違和感は感じないと思います。

ロングで利益でたぁ~っていうのは気持ちがいいものです。市場も上昇傾向であるわけです。

ショートって何?

ロングは分かると思います。っていうかロングが分からないとショート(ショートポジション)は出来ません。

そして多くの人がちょっと違和感を感じるのがショートです。

初心者の人はいきなりショートから始めるという人はいないと思います。

基本はロングで投資を始めていき、ショートって売って儲かるということからショートに行くと思います。

ショート言うのは『仮想通貨を売って、安くなったときに買い戻す』というものです。

言いたいことはわかるけどいまいちピンと来ないという人もいると思いますので詳しく説明をします。

ショートをもっと詳しく

ショートをする場合、最初に手元にない仮想通貨を売ることになるのですが、そもそも買って手元に無いものを売ることなんて出来るの?現実世界でありえる??ってまず思うはずです。

当然、いきなり天からビットコインが降ってきて

???『勇者よ・・・目覚めなさい・・。このビットコインを授けるので売るのです・・・・。』みたいなシチューエーションにはなりません。

どこの異世界物語ですか??

つまり何が言いたいのかと言うと『最初に誰かから通貨を借りて取引をする』と言うことになります。

ショートのことを別名「空売り」という表現をしますが、手元にない状態で売るからです。

借りれるの?って思うかもしれませんが、もちろんタダでとは言いません。証拠金として預ける必要があります。

取引所にまず証拠金を預けますが詳しくは後に説明します。

例えばこれからの相場が悲観相場であり、どんどん値が下がっていくと考えるとします。

その時の相場が1BTC=100万円だったらまずは1BTCを借ります。

そこから狙い通りに価格が大きく下落していき、1BTC=80万円に落ちたところで借りていた1BTCを借りてた人に返します。

そうなれば利益として手元に20万円の利益が残ることになるわけです。

事実上は売ってから買っているため、相場が下がっているのにも関わらず利益を出すことができるのです。

悲観相場でも利益を出すことが出来るのがショート(空売り)の利点です。

ただしショートにもリスクがあるので気をつけましょう。

ショートのリスクについて知ろう

ショートは非常に慣れた人には便利なものです。仮想通貨には色々な種類があり、アルトコインにおいてはロングポジションでいて、基軸通貨となるビットコインではショートをして利益を稼ごうとしている人もいます。

ロングに関しては価格が上がったら利益、下がったら損失が出るわけです。

とりあえず含み益が出るまでいつまでも待ち続ける気構えで大幅な下落が起ころうとも狼狽売りをせずに、もはやチャートを見ないぐらいの気持ちで持ち続けて利益が出たら上がるまで待ち続ければ良いのです。

ただし、ショートの場合は含み益が出るまでポジションを保有することは同じですが、ロングと違って手数料がかかるという点を理解して欲しいです。

ようは借りているわけですから1日単位で手数料がかかります。

ショートで利益を出せるようになればかなり相場においても強いです!間違いありません。

ただし、ほとんどの方がロング戦略です。将来価値が上がると思っているからこそ投資をするわけですよね。

一方でショート戦略で下落相場の利益をゴッソリ取っているのはプロのトレーダーに多い傾向にあります。

そしてある程度相場が下がってきたら一気に大口が買い占めるというのが大体の相場の流れなんです。

圧倒的な資金力を持っている大口が相場を操作していると言ってもいいでしょう。

その流れに上手に乗ればいいかもしれませんが、一気に価格が高騰した時に証拠金以上に相場が高騰してしまうことがあります。

最終的にロスカットをくらい大きな損失を出すことになります。

ちょっと儲かるからと思って安易にショートで儲けようとすると一気に飲まれてしまいます。

もし実際にショートをしてみたいと思ったら必ず、損切りのラインを設定しなくてはいけません。

特にショートをしている時にそのまま放置をして寝るなんてことはもっての他です。

いきなり大金を書けるのではなくて小額からスタートをしていきましょう。

ショートは資金を借りてから取引をする信用取引になりますので現物取引よりもリスクが高いことを頭に入れておきましょう。

安易に挑戦することはあまりオススメできません。出来ませんが、この仮想通貨業界はとにかく毎日がリーマンショックと言われているほどの大きいボラティリティ(価格変動幅)を得ることが出来ます。

人は心理的にプラスの発表(上場や提携)というよりも規制・禁止というものに対して過敏に反応します。

仮想通貨業界はまだまだルールがしっかりと定まっていない業界でもありますのでショートをして稼げる可能性も大きいです。

投資初心者のうちはオススメはしません。

しかし、仮想通貨は小額から投資をする事が可能です。ですからショートをしたいと思うのであれば小額から5千円とか1万円とかからスタートをしてみる分にはチャンスがあるかもしれません。

またちょっとした暴落や暴騰で毎日のようにチャートを見ながらドキドキハラハラするのは身がもたないという人はロングポジションで後は祈っておいたほうがいいでしょう。

それでもショートをしてみたいという人は下に進めてください。

ショート:実践編

ショートをしてみたいと言う人は実際にどのようにすればいいのかを説明をしていきます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitflyerは非常に有名な日本の取引所です。

またここではショートのやり方を説明しますので登録が済んだ時点での話をさせて頂きます。もし登録が済んでいない人は上から登録をしてください。

出来れば踏んでくれると助かります!生活に困っています。(切実)

ショートよりもロングよりも大事なことなんで二回言います。

踏んでくれると助かります

①証拠金の補充

bitFlyerでアカウントを作成して、口座開設完了後にbitflyerに銀行振り込みで円を入金すればbitFlyerのトップページに振り込んだ円が表示されます。

これでビットコインやアルトコインを購入することが出来ますが、ショートを行うのであれば証拠金口座に振り込んだ円を移動させる必要があります。

トップページの左のメニューリストに並んでいる「bitflyer Lightning」をクリックしましょう。

bitflyer Lightningというのは高機能のチャートやチャットなど色々な情報を一画面で知ることが出来るページです。

最初はなんじゃこりゃーーー!!自分には無理だぁーーー!!目がチカチカするーーーー!!!って思ってしまうかもしれません。

投資初心者は自信を無くす瞬間かもしれません。ですが、最初に全ての情報を把握しなければいけないというわけではありません。

野球だってインフィールドフライやコリジョンルールを知らなくても野球を楽しめるとの同じように徐々に把握をしていけば良いのです。

また最初は音がガチャガチャなる仕様になっているので音にイライラすると言う人は画面左上にアイコンをクリックして設定を押します。

設定ボタンを押したら下のほうにサウンドの項目がありますのでチェックを外したら音が聞こえなくなります。

これでまず落ち着くことが出来ると思います。

そしたらメニューの「トレード」を押したら元の画面に戻ります。心を落ち着かせることが出来たら、証拠金への入金をしましょう。

先ほどの図①のメニューのアイコンをクリックしてメニューを出して真ん中あたりにある「入出金」をクリックします。

すると最初は「資産残高」の表示が一番上に書かれていると思いますが、その下にある入出金を見てください。

「入出金」ページの真ん中あたりに入出金に関する項目があります。ここでいう入出金とは、bitflyerの現物口座からレバレッジ(FX)取引で使用する口座への資産の移動を意味しています。

①「評価証拠金」この項目がレバレッジ取引口座に入金している額です。レバレッジ取引の結果で増減します。

②証拠金口座に預け入れを行う入力欄です。bitflyerに振り込んだ円、もしくはビットコインも証拠金として利用することが可能ですが最初は円で行うようにしましょう。

②でまずは移したい金額を入力します。ここでは「1000円」をまずは預け入れました。すると①のところに1000円と表示されます。確認が出来たらメニューのアイコンをクリックしてトレードをクリックして最初の元の画面に戻るようにしましょう。

それでは実際に注文をしていきます。

②ショートの購入方法

はじめに画面上部にあるタブが「BTC-FX」になっているか、確認してください。確認方法は画面上部の「BTC-FX/JPY」をクリックします。

すると画面が「BTC-FX」に変わります。

そうすることで「売り」から始めることが出来ます。

黄色枠が購入希望額で赤枠が売り希望額です。

そして水色の○に囲まれた証拠金維持率がここでは1倍になっていますが、変更をすることも出来ますが最初は1倍で始めていったほうがいいでしょう。

そして緑枠の価格の部分で売りたい金額を指定し、売りを押します。

注文内容の確認画面が出ますので売りをクリックします。

すると取引履歴が下のほうで出てきます。※最初の取引金額と数字が違うのは取引が通らなかったので何度か注文をしなおした為です。

この場合、938745円の時に0.001btc分を最初に売って、940344円の時に0.001btcを買い戻したので損益で言えばマイナスです。

慣れるまでは必ず最小金額と倍率を1倍で始めるようにしましょう。

まとめ

長くなってしまいましたが、ショートはまずはロングから始めていきチャートに見慣れたりする事が大切です。

ショートをしようと思ったときはまずは練習と思って必ず小額投資から始めましょう。

ショートの場合はロスカット、証拠金などが必要なので、リスクがあるということを踏まえて取引するかどうかを決めてください。

トップへ戻る